石川での墓石サーチと美容脱毛だより

美甘麗茶の特徴と配合成分

ダイエットデトックス茶の美甘麗茶

美甘麗茶とはViVi専属モデルでパリコレ出場経験があるカリスマモデルのまいぷぅこと宮城舞さんプロデュースのダイエットデトックス茶です。
ちなみにこの美甘麗茶はアイスでも飲むことは可能ですが、冷たい飲み物は体を冷やしてしまいます。脂肪燃焼、基礎代謝を高める為には夏でもホットで飲むことをお勧めします。それにアイスで飲むとティーバックを2つ使用しないとしっかり味が出ないので経済的にもホットの方がお得と言えます。

美甘麗茶の主成分は甘茶でノンシュガー、ノンカロリー、ノンカフェインなのにほのかな甘みがするのが特徴です。さらにスッキリ成分のキャンドルブッシュ、食物繊維をたっぷりと含むクマザサ、抗酸化作用があるポリフェノールを含むカワラケツメイ、ダイエット茶の定番ルボイス、むくみを解消する効果が期待できるコーン茶、美容効果が高いアントシアニン、女性ホルモンとよく似た働きをするイソフラボンを多く含む黒豆が配合されています。

コーヒーや紅茶代わりに

飲むタイミングとしては寝る前に飲むと翌朝スッキリしますし、あとは食前、小腹が空いた時などに飲むことで間食を抑えることが出来ます。またコーヒーや紅茶に砂糖を入れて飲むという人はその代わりに美甘麗茶を飲むことをお勧めします。そうすることで糖分、カフェインの摂取を抑えることが出来健康的にキレイになることが出来ます。

美甘麗茶 口コミならこちら

つめたいものが飲みたい!でも体を冷やしたくない…そんなときに使えるドリンク

暑い季節、会社に遅れそうで走った後、掃除やオフィスの整頓など重い荷物を運んだあと、冷たいドリンクがどうしても恋しくなりますよね。
でも女性の体のバランスを維持するのに大切なのが、体を冷やさない事。
温度は冷たいドリンクを飲みながらも、体を内部から冷やしすぎないものを選びたい・・・。
そこで今回は、冷たいドリンクなのに体を冷やしすぎない食材のものをご紹介します。

●酵素ジュース
最近はやりの酵素ドリンクは、体を冷やすドリンクでもありながら、胃や腸の活動を活発にすることで、体を温めてくれます。ただし選ぶ際には、しっかりと酵素が生きているタイプ、しぼりたてであまり希釈されていないものなどから選ぶことが必須です。

また体を冷やしがちな、スイカやメロン、キュウリといった素材をすこし少なめに使用しているものから選びましょう。

●大豆や豆乳入りドリンク
冷たい紅茶やコーヒーでも、ソイミルクをつかったメニューはたくさんあります。このほかにきなこをプラスしたものなどもあります。
いずれも女性の美肌に嬉しい植物性蛋白質を多く含んでおり、体を冷やし過ぎないところが人気です。
最近はこのほかにアーモンドやその他稀少ナッツのミルクを含んだものも人気ですが、ドリンクに対してすこし多めの量が必要なので、カフェラテタイプなどを選ぶように心がけましょう。

これらよりすこし効果は劣りますが、冷たい紅茶などにジンジャーやマリーゴールドキク科の植物などを加えたものなどもあります。他にもハーブティーでもウコンやリコリスなど根を多く含んだものなども体を温めてくれる効果があるとして人気があります。
すこし癖がありますが、ただ冷えた炭酸やコーヒー紅茶、普通のハーブティーを飲むよりも、美しさには味方してくれる食材です。

つめたいものが飲みたい!でも体を冷やしたくない…そんなときに使えるドリンク